サラ金からお金の病まで

返済計画

お金があれば誰も借りようなんて思わないと思うんですが、どうしようもない時に利用するのがネットバンキングや金貸し業者、または友達などですね。友達に借りるとなると、友情関係にひびが入らないように返済はきっちりしなくてはいけませんが、頼みこめばま返済を待ってもらえるかもしれません。しかし金融業者などに借りた場合催促の電話や督促状などがあり大変なことになってしまいます。また悪質な金融業者の場合、取立てに家や会社にくるなど、日常生活までできなくなってしまうような場合があり、怯えた日常生活を送らなくてはならなくなってしまう場合があります。そうならない為にも、業者を慎重に選び、返済計画をきっちりと立てておく必要があります。

また最近では高い利息を払い返済をしすぎている場合は過払い請求ができ返済しすぎたお金はかえってきます。自己破産をする前に弁護士などに相談してみるのもいいかもしれませんし、またhttp://www.entresesmains-lefilm.com/このようなサイトで自分で色々調べてみるのもいいかもしれません。一人で悩んでいても解決はせず、余計に自分を追い込んでしまうので、必ず誰かに相談してください。okane

Comments are off for this post

サラ金との関係

買い物依存症というお金に関する病気がありますね。

若い女性や主婦に多く、買い物をすることで日頃の不平・不満を解消します。

溜まったストレスをショッピングで発散するのは悪いことではないですが、それが度を超したら大変なことになります。

ストレス発散のために買い物をする、アレもコレも欲しい、買うまで他のことに集中出来ないとなってしまいます。

それでも生活していける経済力のある女性ならば問題ないかもしれませんが、そうでない人はどうでしょう。

自由に使えるお金には限りがあるのが普通です。

そこで問題の一つとなるのが、銀行ローンなどと比べたら審査が甘く借りやすいサラ金、短時間審査でお金を借りられる無人契約機があるというところです。

気づいたら多重債務者になってました、なんてことになるかもしれません。

今は総量規制というものにより、利用者が借りられる金額には上限があります。

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぎ、恐怖を伴う強引な取り立てなどから利用者を守るために決められたものでありますが、それによって借金が出来ず上手く立ち回れなくなった人にとっては、あまり良くない方面に行ってしまうこともあるようです。たとえば闇金など。

サラ金を利用する人の多くは、その時どうしてもお金が必要で困った状況にある人なんだと思います。

最初に言った、買い物依存になってしまった人にとってもそうでしょう。

もちろん、借金してまで買い物をするというのは非常に良くない状況ではあるのですが。

もし身近な人にいるならば、どうかサラ金に手を出しに行く前に気づいてあげてください。

Comments are off for this post